*

手足のシビレに潜む重大な病気が!?

公開日: : 未分類

「あれ?手の先に感覚が・・・しびれてるのかな?」

手や足にシビレが出てなかなか取れない。またしょっちゅうそんな状態になる。

もしかしたら病気なのかも・・・

そんな心配をした経験はないでしょうか?

手足やそのほかの部分にシビレがあるときには実にいろいろな病気が考えられるのです。

シビレの部位や具合、痛みやほかの症状との合併を診て
「問題ないシビレ」 

「放っておいてはいけないシビレ」

があるのです。




 

シビレの原因は色々

シビレとは神経の知覚機能の障害のことでさまざまな原因によって起こっています。

そしてシビレが出ていてもっとも怖いものは脳や心臓がその原因の時です。

でも「痛み」の時はその程度や部位で予測が出来るのですが、「シビレ」の場合はなかなか原因が特定しにくいのが現実です。

しかしながら「シビレ」は大きく2つに分類できます。

血流障害によるシビレ

代表的なものは正座によるシビレです。足を極端に屈曲させることで血管が狭まり血流が悪くなって足の神経が麻痺してシビレがおきます。

けれども正座をやめると血の流れが元に戻ってシビレは無くなっていきます。

同じように睡眠中に下になっていた腕が朝、起床時にしびれるというのも同じでしばらく動いていると元に戻ります。

こんなシビレは心配ありません。

ところがこのような血流が障害されて起こるシビレでも大きな病気が原因となっている場合もあるのです。

それが閉塞性動脈硬化症です。

閉塞性動脈硬化症とは動脈の硬化によって血の流れが悪くなりシビレが起こってくるものですが、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性のあるとっても怖い病気なのです。

シビレの原因が外からの圧迫などでないのにシビレが続いているときは老化や不摂生などで動脈硬化になって結果閉塞性動脈硬化症になってしまうことがあるので十分注意が必要です。

神経そのものの障害

例えば代表的なものには椎間板ヘルニアや骨の変形で神経が圧迫されて起こるシビレです。

また普段はシビレはなく歩くとシビレが出るが少し休むとシビレが収まってきたりするようなときは「脊柱管狭窄症」が疑われます。

「脊柱管狭窄症」とは脊髄と呼ばれる太い神経が通っている脊柱管がだんだん細く狭くなってくる病気です。

手のシビレ

手のシビレの原因

手のシビレがある場合は首の骨の変形や頚椎椎間板ヘルニア等が原因で起こっている場合が多いといわれています。

首から出た神経は鎖骨の下を通って脇の下で一度ターミナルを作って手に向かっています。

だから首のところで神経が圧迫されたりすると手のほうにシビレが出てくるのですね。

ヘルニアというと腰の部分のヘルニアをイメージする方が多いと思いますが、首の骨にも椎間板というクッションがついていて、骨の変形や老化などで外に飛び出し神経を圧迫するようになるのです。

例えば過度の運動や首への負担の大きい状態の人は頚椎ヘルニアに罹る可能性が大で首から出てぢる神経を刺激して手にシビレが出るケースもあるのです。

頚椎に異常のあるときの特徴

頚椎に異常があってシビレが出ている場合首をうしろに曲げるような動作をすると首自体や手のシビレが強くなることが多く見られます。

しかしながらレアなケースとして手の付け根部分にある手根管というところで圧迫があり手がしびれることがあります。

この場合ひどくなると親指と人差し指で作る「OKサイン」が出来なくなることで診断できます。

手根

足のシビレ

どの部分にシビレが

足のシビレの場合「つま先」「足の裏」「ふくらはぎ」「お尻からつま先」とシビレが出る場所がいろいろなところになる場合が多いようです。

お尻からつま先まで広範囲でのシビレがあるときは「腰」に問題があることが多いようです。椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症なとで痛みを併発することもあります。

脊柱管

ヘルニア
そしてつま先や足の裏のシビレでもっとも怖いものには糖尿病の合併症である神経障害が起こって足にシビレとして現れていることがあります。

この糖尿病によるシビレはビリビリという感じではなく足の裏に薄紙が1枚貼ってあるような違和感があるのが特徴です。

糖尿病

糖尿病とは血液の中の糖分を筋肉や肝臓に取り込む働きをするインスリンが少なくなって血液中に糖分が多くなる病気で脳卒中や心筋梗塞の原因にもなる重大な病気です。

症状の一つに動脈硬化から血流が傷害されて末梢の毛細血管に血液がいかなくなり神経障害からシビレが起こってきます。

最悪の場合末端組織の壊死が起こって手足の切断手術に至る事もあります。

放っておけないシビレ

シビレを見極めるポイントとしてシビレが両手に出ているか片手に出ているか、また右半身だけに出ているのか左半身だけなのかといった場合、脳に原因が多いと考えてもいいでしょう。

これは脳の中で例えば右側の血流が悪くなった箇所があると体の左側に影響が出て左側にシビレが現れるのです。

ところが脳の左右同じ箇所の血流が悪くなるということは殆どないため片側だけのシビレは注意が必要なのです。

また他の症状を併発しているかも重要なポイントです。

「ろれつが回らない」「口や唇がしびれる」「激しい頭痛」「めまいや吐き気」こんな症状が一緒に起こっているときには脳に原因があるとまず考えましょう。

また視神経に影響することもあり、ものが2重に見えたりぼやけて見えたときも要注意です。

こんな症状が併発したらすぐに専門医療機関を受診するようにしてください。

こんなシビレ

まとめ

ひどい痛みのときはどんなに我慢しようとしても我慢しきれず病院にいくことが多いと思います。

しかしシビレの場合は痛みほどガマンできないひどさではないことが多く、ガマンされることが多いのでは・・・。

半日や1日で治るシビレならともかく幾日も続いたりだんだんひどくなったり他に症状が併発したりしたときはそんなにひどくなくてもひょっとしたら重大な病気が潜んでいる「放っておけないシビレ」かも知れません。






Sponsored Link

関連記事

no image

膝の関節の痛みにグルコサミンが効果アリとよく言われるのはなぜ?

首や腰・膝の関節痛で困っている方は大変多いようですね。   何が効果あ

記事を読む

int_photo_02

マイケル・J・フォックスの30年後は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」より若かった。

1985年10月21日 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で マーティーとドグは 30年後の

記事を読む

男子身長測定

小学校高学年までに身長を伸ばす為に心がける5つのこと

乳幼児期を過ぎて小学校4~5年までは成長段階でいうと学童期にあたります。そしてこの時期は成長ホルモン

記事を読む

no image

老老介護は人間夫婦だけの問題じゃなかった!?

平成26年の人口統計では65歳以上人口の割合は26.0%となり, 過去最高となっています。

記事を読む

859452b14547a3cda59442dc18fae742_s

秋はお月見です。中秋の名月とはいつなんでしょうか

マックはお盆が過ぎるともう 「お月見バーガー」のCMを流し始めています。 秋はお

記事を読む

no image

とまらないワキ汗!予防と対策

近年はもう4月5月でも夏日が増えてきています。 夏が近づくにつれ気になるのが気温の上昇、そして湿度

記事を読む

b3a6978cc458fd94fedb5556542ebf69_s

女優スエ韓国から日本の「ケイダッシュ」と専属契約へ

韓国ドラマ「ラブレター」などで人気の韓国人女優スエさんが、 このほど日本の大手芸能事務所「ケイダッ

記事を読む

708f428a9f575daf71fcd86af7164761_s

つり革を握れない・握手ができない・同じ鍋をつつけないは強迫性障害という病気?

きれい好きも度を越してしまうと病気になってしまいます。 つり革をもてない、エスカレーターのベルトを

記事を読む

0cd640519830594f385966da2445269b_s

ディズニー・シーのハロウィンはヴィランズが主役

ハロウィンがだんだん盛り上がってきているディズニー・シー  ハロウィンの主役はヴィランズです。

記事を読む

28419b0a36a361d3649235ca27869b4e_s

TEAM NACS(チームナックス)・大泉洋も祝福戸次重幸が結婚 キューピットは「おわこんTV]

今月8日に都内区役所に婚姻届を出された 戸次重幸さんと市川由衣さん、 それぞれの

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
9175f4f8de6bb70bc031c89ea7befe4c_s
クサいおならにはワケがある!!

クサいおならクサくないおなら また音がするおならしないおなら

aab69dd663e8b516f9313a90678d1f09_s
むくみに潜む怖い病気

朝起きたときかをがむくんでるぅ!まぶたがはれぼったい!! 夕方指

79e452da8d3a9ccaf899814db5de9b76_s
夏バテ予防はこの3つが効果的

暑い夏よく冷えたビールや冷やソーメン・・・冷たいものが欲しくなりますよ

no image
手足のシビレに潜む重大な病気が!?

「あれ?手の先に感覚が・・・しびれてるのかな?」 手や足にシビレ

no image
スズメバチだけではないアナフィラキシーショック!アレルゲンはいたるところに・・・

「アナフィラキシー」ってよく聞きますよね。 難しそうな言葉だけど

→もっと見る

PAGE TOP ↑